top of page

開拓地から、新たなワイン造りの舞台へ・・・

軽井沢 大人の旅倶楽部『軽井沢アンワイナリーと大日向開拓記念館』ガストロノミーウォーク開催しました。


信濃追分駅を徒歩で出発して歩くこと30分、まずは「Mz Coffeeラボ」へ。オーナー松本さん拘りの自家焙煎珈琲で小休止した後、大日向開拓記念館へ。


3歳で旧満州に入植した市川さんに大日向開拓団の歴史とストーリーを伺いました。


現佐久穂町大日向から満州へ渡った764名の方々のうち、敗戦後の難民生活で375名もの方が亡くなり、帰国後の困窮生活の中、65戸の方々が軽井沢の大日向に入植、寒さ厳しい原野を一鍬一鍬、開拓を進めたそうです。


その後は10月にできたばかりの軽井沢初のワイナリー「軽井沢アンワイナリー」へ。このアンワイナリーさんがワイナリーとして利活用した建物こそが、1953年に大日向の開拓者の方々のために、コンラッド神父が建てた「旧大日向教会・聖ヨゼフ保育園」なんです!


そんな歴史的な場所で軽井沢初のワイン造りに挑戦する松村さんにワインプロジェクトに掛ける想いをたっぷり伺いました。


ワイナリーを後にして最後は「ゆずはCafe」でのランチタイムでガストロノミーウォークは終了。


軽井沢の観光地としては今まで余りクローズアップされてこなかった大日向エリア。開拓地の歴史から新たなるワイン作りの舞台へ・・・これから要注目のエリアです!


軽井沢 大人の旅倶楽部(登録無料)





閲覧数:27回

Commentaires


bottom of page